Andrew Lane

Andrew Lane(アンドリュー・レーン)は2002年にUnilever Ventures(ユニリヴァー・ヴェンチャーズ)を共同設立。その投資委員会のメンバーとしてライフサイエンスおよびパーソナルケア部門への投資を主導し、2017年12月にUnileverを退職。Unilever Venturesでは、複数のポートフィリオ企業の暫定CEOを歴任。

現在はArecor(アレコー)、VHsquared(VHスクウェアード)、IB Ventures Ltd.(IB ヴェンチャーズ・リミテッド)の取締役に就いているほか、Unilever Venturesがエグジットを成功させるまでBAC、CyDen(サイデン)、Pharmakodex(ファーマコデックス)の取締役員も務めた。

Unileverにはマーケティング部門の研修生として1985年に入社。ケンブリッジ大学で生化学を学び、英国勅許管理会計士の資格と、総合管理、マーケティング、金融の経歴を有する。