P2iはエアフィルタ素材およびフィルタアセンブリメーカーと提携し、撥水性および撥油性を劇的に高めて製品の性能を向上させています。

 

P2iのナノコーティングは、水や油の吸収を防ぐことでフィルタの性能を高め、それにより自動車や航空など厳しい環境でもフィルタを使えるようになります。当社のナノコーティングは塗布中に気質に浸透し、設けられた空隙の大きさに影響を与えずに空隙構造全体に付着します。この技術の発明者として、当社はロールtoロール加工や、複雑な三次元製品への技術の応用を含む、多くのオプションをご用意しています。

技術

パルスプラズマ蒸着とコーティングのフルオロポリマー科学の特許取得の独自の組み合わせにより、P2iは、他に例を見ない水準の撥水性および撥油性を実現できます。

ロールtoロールおよびアセンブリの工程は、全世界の実際の運営で実証されています。この技術は広範な機器に応用できますが、すべてのシステムで次の同じ中核的な技術を使用します。

– 機器はチャンバーに積み込まれます。

– すべての空気は、真空ポンプを使用してプロセスチャンバーから排出されるため、製品は低圧状態で保持されます。無線周波数(RF)プラズマが機器の表面を活性化し、結合を阻害する可能性のある水およびその他の汚染物質が低圧で保持されるようにします。無線周波数(RF)プラズマが機器の表面を活性化し、結合を阻害する可能性のある水およびその他の汚染物質が除去され、フリーラジカル部位が生成されるようにします。

– モノマーが蒸気として吹き込まれ、パルス化された無線周波数(RF)プラズマを使用してモノマーを重合させ、表面のフリーラジカル部位に結合させます。 チャンバーの圧力が低いことで、モノマーが基質のすべての領域に浸透し、ポリマーが内外のすべての表面をコートできます。その結果、わずか数ナノメートルの厚さの、極薄ポリマー層が生成されます。

– チャンバーはその後外気圧に戻され、製品が除去されます。 後硬化が不要なので、製品をすぐに使用できます。

loading-machine_2

 

応用

P2iのナノコーティングにより、空隙のサイズ分布と空気の流れを保ちつつ、フィルタ素材での撥水性および撥油性を向上させることができます。

コーティングはすべての表面と化学的に結合します。当社独自のコーティングにより、水や油、アルコールを含むすべての液体をはじくことが可能な低表面エネルギーが実現します。この工程では、コーティングとほぼすべての表面との間の耐久性のある結合を形成する、プラズマによる化学蒸着を使用します。

さらに、P2iの技術により、ポリプロピレンやPTFEなど、もともと撥水性のある素材の性能が向上し用途が広がります。およびアルコールに対する撥性が劇的に高まることで、フィルタを自動車や工業、ガスタービン、医薬品の保護など厳しい環境で使用できます。

継続的な研究開発により、P2iとパートナーの新たな機会が生じ、それにより広範なフィルタや工業用繊維品へと用途が拡大します。